福岡市を中心に美味しいものや、おすすめスポットなどを楽しく発信する情報エンターメディア「サラダボウル福岡」
絶対のグルメ
2020.10.30

福岡・大名の路地裏グルメ「肉そば純」がリピート確定なワケ。

57_肉そば純.jpg
福岡市の中でも大名エリアはメジャーでありディープスポット。変化し、進化をし続けるこのエリアは整理されつつ入り組んでいて、歩き慣れた人でも迷うこともしばしば。そんな大名の路地の奥に、あの名店「港屋」を彷彿とさせる肉そばを発見!福岡ではまだ馴染みが薄い肉そば。今のうちに食べるのが吉と出ましたのでご報告!
大坪

ぼくと肉そばと港屋。

肉そば純01.jpg

ぼくは肉そばが好きだ。

肉も好きだし、そばも好きだ。

ただ、この「肉そば」という食べ物、その解釈はかなり個人に依存する。

あったかい?冷たい?

日本そば?中華そば?

肉の側(そば)の可能性もわずかだが捨てきれない。

「肉そば」と聞いて店名が先に頭に浮かぶ人も少なくないはず。ぼくもそのひとり。

東京・飯田橋の「豊しま」の元祖厚肉そばは一度食べたら忘れられないし、「ゆで太郎」の肉野菜そばは今もお世話になりっぱなしだし、池袋の「なぜ蕎麦にラー油をいれるのか」「壬生(みぶ)」のゴリゴリした麺は最高だし、島耕作が食べた立ち食い蕎麦屋として有名な「港屋」はずっと行きたかったけど行ってない。

そう!「港屋」行ってない!食べたーい!

今回の「肉そば純」はそんな港屋系の肉そば。

「肉そば純」へは路地裏?いや路地奥へずいずい進め!

肉そば純02.jpg

「肉そば純」があるのは福岡市中央区大名1丁目。昼ピークをすぎた13時半にカチ込みます。

スパイスカレーの行列店、クボカレー近くを歩いていると看板が。

肉そば純03.jpg

お店はまだ目視できていませんが、置き看板を確認。

そこには旧約聖書でモーセが海を割ったかの如く、駐車場をかき分けてできたアスファルトの道が。

この道の先に「肉そば純」があるはずと信じて進みましょう。

突き当たりを右に折れ、また突き当たりを左に…細い路地が続きます。

肉そば純04.jpg

うん、路地好きかも!

周りは田んぼだらけの広い空の下で育ったぼくは、逆にごみごみした狭い空間に憧れているからか、こんな路地が妙に好き。

選択肢が直進のみなのがいいのかも。ずいっと進みましょう。

もう見える人には見えてますよね?

肉そば純05.jpg

ありました。

その建物の全景を掴むことは不可能な立地。スケールのでかいチラリズムに晒され、見たい欲求で悶々となってきました。はい、わたくし若干の構造物フェチであります。

そんな不要不急なカミングアウトを終えたところで「肉そば純」に到達。押忍。

昼は「肉そば純」、夜は「松毬(まつぼっくり)」

肉そば純06.jpg

先にお伝えしますが、「肉そば純」は昼の顔。夜は「ごはんや 松毬(まつぼっくり)」に変わります。

「松毬」って漢字でこう書くんだという学びと、美味しい創作和食を提供されているお店です。

肉そば純07.jpg

福岡県の感染防止宣言のステッカーがあるとおり、入り口には検温用の体温センサーが。

だいぶ慣れはしましたが、まだちょっとドキドキしながら入店です。

肉そば純08.jpg

店内は木を基調とした和な空間。

とてもキレイで、ゆったりと開放的にスペースを取られているため、路地裏を感じさせない隠れ家のようなお店です。

「港屋」は立ち喰いスタイルですが、「肉そば純」は落ち着いて肉そばを堪能できますね。

木目の節が目玉みたいで気になる!という方はあらかじめ心の木目対応をお願いします。

閲覧注意!肉そばはビジュアルハラスメントの可能性アリ

肉そば純09.jpg

メニューは肉そば<並><大>とドリンクのみ。

なにも迷うことはありません。肉そばを食べに来て、肉そばを食べて帰る。それだけ。

あっ!お金も払う。それだけ。

ああっ!注文もする。それだけ。

肉そば純10.jpg

きた。

これが、これこそが求めていた肉そば<大> 。1,000円也。

そばが隠れるほどに盛られた肉、その内側にはもちろんネギ、ゴマがたっぷりと。

上に乗る刻み海苔はかなり細く、おそらく1mm幅。

つけだれには輝くラー油が上品に三日月状になって入ってる。素敵っす。

いただきます。

肉そば純11.jpg

まずは遠慮なく海苔をたっぷりと掴みいただく。

海苔のヒラヒラワサワサ感があるうちにという理由。

おいしいものをおいしく食べるのが食の礼儀。…かと。

つけだれにつけると、海苔がつゆをジュッと吸って黒い旨味の弾丸と化す。角が丸めの蕎麦は、持ち上げた時に感じたとおりしっかりとしたコシがあり、つけだれのラー油と相まって食べ応えは抜群。そして、うまい。

肉そば純12.jpg

肉は肉のみで味わおう。

ワシっと掴んでつけだれにザッと潜らせて口内にクワッと放り込む。その重量からのそれだとは思えない濃い旨味が噛むたびにジワり。

おっ?ラー油のパンチが親の意見と同じく後から効いてきた。

辛みで胃袋が刺激され箸が進む、、、いや止まるっ!

いつ入れる?いつ割る?玉子問題はこう解いて溶く!

肉そば純13.jpg

たまごだ。

生卵。

ゴロゴロと器に転がり重なるL玉なかわいい奴。

見渡す限り表記はないがこいつらは取り放題(店舗に確認済み)なので、ラー油の辛みが踊り出したら入れどきかと。

コンコンとカッコつけて2回も角に打ちつけたが、1回目で割れていた現実から目を逸らしてつけだれにトプン。

肉そば純14.jpg

たまごってすごい。割る前からもううまい。

完食フラグが成立したのであとは心ゆくまで味わうのみ。

肉そば純15.jpg

ご馳走様でした。

大名の路地奥「肉そば純」がリピート確定なワケ。

路地を進んだ先にあった「肉そば純」。お味はもちろんその存在が嬉しかった。

ドラクエのダンジョンで、うねうね進んだ先にあった宝箱に破邪の剣が入ってたみたいな。

宝箱はなかったけど、はぐれメタルめっちゃ出てきたみたいな。

福岡は大名の細い路地の行く先にある「肉そば純」は、秘密にしたいけど教えたいお店。

そして、また行きたくなるお店です。よしなに。

コメントCOMMENT

この記事の感想を投稿
必須 この記事の評価
必須 ニックネーム
任意 メールアドレス
必須 コメント
HTMLタグは入力できません
コメントは承認後に公開されます

スポットSPOT

肉そば 純
福岡県 福岡市中央区 大名 1-4-29 GW-BLD 1F
092-401-0925
営業時間 11:30~14:00
定休日 月曜日
TOP