福岡市を中心に美味しいものや、おすすめスポットなどを楽しく発信する情報エンターメディア「サラダボウル福岡」
絶対のグルメ
2020.09.17

【薬院周辺のカフェ】白金茶房のクラシックパンケーキやブランチ、おしゃれな店内をご紹介!

41_白金茶房.jpg
パンケーキの時代は過ぎたなんて、言わせない!言わせたくない!!言わないで!!!!!
根強い人気で沢山のお客さんが訪れる『白金茶房』のクラシックパンケーキと、今回頂いたブランチをご紹介します。

※是非インスタで『#白金茶房のパンケーキ』と検索してみてください。
えもんの投稿がどこかしらに出てきます
えもん

#白金茶房 は都心の住宅街にひっそりと佇む『オアシス』のような場所

1_外観.jpg

白金茶房を探していると、目の前に二階建ての一軒家がどどん、と現れました。

沢山の木々に包まれた外観は、その場所だけあたかも軽井沢のような雰囲気のたたずまいで、涼やかな空間となっていました。

2_ロゴ.jpg

よく見ないと見逃がしそうなところに、おしゃれなサイズ感で『白金茶房』の文字を発見しました。

将来自分で家を建てたときは、是非ともこのデザインを採用したいと思ったのですが、
おしゃれ偏差値が5の私にとっては無理難題だと気づきました。

3_入口.jpg

いざ敷地に足を踏み入れると、
風によって揺らされる木々の葉同士が重なり合う音が心地よく鳴り響いていました。

このお庭の木の配置、将来自分で家を建てたときは、
是非ともこの配置を採用したいと思います。(庭師さんに頼みます)

4_受付表.jpg

ドアの横には受付表が置いてあり、その横にはソーシャルディスタンスを保った間隔で置いてあるイスがありました。

名前を書いて待っていると続々とお客さんがいらっしゃいます。

私たちはブランチ目当てで伺ったので時間をずらして行ったのですが、やはり人気なお店なので時間なんて関係ないのだなと思いました。

#ウッドベースのおしゃれで落ち着くインテリア

5_内装.jpg

外観から溢れ出ていたおしゃれ度120%の白金茶房でしたが、内観もウッドベースで統一されており、落ちつく空間作りがされています。

6_雑誌棚.jpg

雑誌もたくさん飾られていて、注文をしてから運ばれてくるまでの間、ファッション誌やグルメ雑誌などいろんなジャンルの雑誌が読めるので時間つぶしもできます。

また、雑誌の置いてある反対側は一面ガラスになっているんです。
おしゃれ度120%の外観を見ながらご飯を頂くことが出来ます。

#モーニングやブランチ、カフェとしても利用できるメニューをご紹介!

7_棚?.jpg

白金茶房は、モーニング(土日のみ)、ブランチ、さらにディナーを楽しむことが出来ます。

今回私たちはブランチを目当てに行きましたので、頂いたメニューのご紹介をします!

*デミグラスで煮込んだハンバーグステーキ 1,540円(税込)

8_ハンバーグ.jpg

見た目から分かる、これ美味しいやつやん状態です。

『デミグラス』と聞くと、濃厚で少し重ためなイメージがありますが、

白金茶房のハンバーグはしっかりと味がついているのに軽く食べられます。

ソースも少し甘めの味付けなので、お子様にもおすすめのハンバーグランチです。

*絶品タルタルソースのチキン南蛮 1,100円(税込)

9_チキン南蛮.jpg

甘酢が凄く美味しく、タルタルソースも具材がごろごろと入っており、噛み応えがありました。

どちらかというと本場(宮崎)のチキン南蛮に近いのではないでしょうか!

チキン南蛮好きで、よくチキン南蛮を求めて町中を歩き回る私でも、白金茶房のチキン南蛮はすごく美味しいと感じました。

*糸島豚のロース肉 白い生姜焼き 1,320円(税込)

10_生姜焼き.jpg

白金茶房の生姜焼きは一般的に想像できる生姜焼きとは違って、生姜“焼き”ながら長時間煮込まれたかのようにお肉がほろほろで箸ですっとほぐれるんです。

噛むたびに生姜の香りとお肉の旨味が感じられました。
脂身もしつこくなく、体に優しい生姜焼きという感じですごく美味しかったです。

*自家製カニクリームコロッケ 1,320円(税込)

11_カニコロ.jpg

見た目通りさっくさくの衣に噛んだ瞬間トロッと溢れ出てくる具は、よく衣におさまっていたな!と思うくらいパンパンに詰まっています。

本当にとろとろなので火傷に要注意です!

ソースもタルタルソースとトマトソースの2種あるので、味変をしながらカニクリームコロッケを食べられます。

また、他にもたくさんメニューがあるので公式サイトにあるブランチのメニューを載せておきますね!

(白金茶房公式サイト)

https://s-sabo.com/pdf/sabo_branch.pdf

12_ドリンク.jpg

パンケーキブランチ、パスタブランチはドリンクがついており、茶房オリジナルブランチには+300円でドリンクを付けることが出来るのです!


ちなみに、白金茶房のオリジナル珈琲は別名「満月の珈琲」と言われています。

なぜ満月なのか。

それは満月の夜に汲み上げられた水で淹れているからなんです。
(なんとおしゃれな…)

満月の夜は、水がまろやかになりとろっとコクを感じる水が汲めるそうです。

これを聞いたときは、私も満月の日に水を汲んでみようかなと思ったくらいです。
思ったくらい、なんですけどね。

また、ブランチにはご飯かパンかも選べるので、お好きな方をお召し上がりください。

#お待ちかね…!とぅるんとした見た目のパンケーキと言えば『クラシックパンケーキ』

*茶房特製クラシックパンケーキ(2枚) 935円(税込)

13_クラシックパンケーキ.jpg

満月…まさしく満月のようなこのパンケーキ!

うらやましいくらいきれいな艶肌です。今流行りの。

こんな自然な艶は、どれだけ高いハイライトを使ってもなかなか作り出せない強者です。

こちらのパンケーキは、定番の人気メニュー、クラシックパンケーキと呼ばれるパンケーキ界の上位カーストに腰を据えている一品です。

そして、キャラメリゼバナナとグアナラチョコレートのパンケーキも常設である人気のパンケーキなんです。

14_季節のパンケーキ.jpg

また季節毎に新作パンケーキが登場するのですが、私たちが行ったときは夏のフルーツとココナッツミルクのブラマンジェでした。

凄く美味しそうで迷ったのですが、やはり初めてということもあって今回はクラシックパンケーキを頼んでみました。

15_メープルはちみつ.jpg

クラシックパンケーキには、はちみつとメープルがついてきます!

もちろん1口目は何もつけずにそのまま…

素材の味がしっかりとし、ほんのりバターが香ります。

白金茶房のパンケーキは、石臼挽きの福岡県産小麦と大分の赤卵と北海道の発酵バターで作られているので、
何もつけずとも100点の…いや120点の味がします。

次にはちみつをトロリ🍯

蜂蜜の風味が口の中に広がり、ふわふわのパンケーキとマッチして凄く美味しいです!

パンケーキの上にはバターが乗っているので一緒に食べていると、これは魔のはちみつバターだ(良い意味で)…
と思いながらペロッと頂きました。

はちみつをかけたかと思えば次はメープルをトロトロリ🍁

メープルの香りと小麦の風味、そしてバターの芳醇な香り、これは間違いなくNO.1だと思います。

私は強いていうなら…メープル派でした!!!

気付いたらペロッと食べられるこのクラシックパンケーキ、いろいろと味変をしながら頂けるので、食べていて楽しかったです。
是非お好みの召し上がり方を探求してみてください。

#なんと、テイクアウトもやっています!

16_販売棚.jpg

白金茶房ではテイクアウトや、コーヒー豆、ジンジャーシロップなどの販売なども行っているのです。

17_パンケーキテイクアウト.jpg

パンケーキのテイクアウトも行っており、さらにフルーツなども入っているセットが選べます!

また、店内で食べるときはメープルやはちみつが付いてきますが、テイクアウトの際はジャムが付いてくるんですが…食べたい!!

今回は買わなかったのですが、次回行く際は是非テイクアウトしたいと思います。

18_パンケーキ粉.jpg

また、家で白金茶房のパンケーキを食べたい!と願うその思い、叶えることが出来るんです。

白金茶房のパンケーキミックスという商品があり、購入することが出来るので自宅でもあのクラシックパンケーキを作ることができます。

なんとも喜ばしい。悦ですね、悦。

#どこのカフェに行く?そう迷ったら是非とも『白金茶房』へ!

19_白金茶房へ!.jpg

薬院に来たら…いえ、福岡に来たならば1度は足を運んでほしい白金茶房をご紹介しましたが、魅力は伝わりましたでしょうか。

複数人ではもちろん、1人でも行けるカフェなので、『どこに行こうかな?』と迷って探しているのなら、是非行きましょう!白金茶房へ!

ブランチはがっつりというわけではなく、女性でもペロッと食べられる量なので一緒にパンケーキも楽しむことができると思います。

わたくしえもんのおすすめカフェ、『白金茶房』へ是非とも行ってみてください!

コメントCOMMENT

  • さすらいのコピーライター

    詩人かと思うくらい雰囲気が伝わりますね!参考にさせていただきます。

    2020.09.17
    運営からのコメント

    コメントありがとうございます!
    ライターも喜んでおります!

この記事の感想を投稿
必須 この記事の評価
必須 ニックネーム
任意 メールアドレス
必須 コメント
HTMLタグは入力できません
コメントは承認後に公開されます

スポットSPOT

白金茶房
福岡県福岡市中央区白金1丁目11−7
092-534-2200
営業時間 平日 BRUNCH10:00〜17:00 DINNER17:00〜21:00(20:30 L.O)      ⼟曜⽇ MORNING8:00〜10:00 BRUNCH10:00〜17:00 DINNER17:00〜21:00(20:30 L.O)      日曜・祝日 MORNING8:00〜10:00 BRUNCH10:00〜19:00(18:00 L.O)
TOP