福岡市を中心に美味しいものや、おすすめスポットなどを楽しく発信する情報エンターメディア「サラダボウル福岡」
絶対のグルメ
2020.08.26

蝦仁(えび)豆腐定食と餃子@万里長城【中国グルメ旅気分】

28_蝦仁豆腐定食.jpg
海外旅行ができない現状ですが、せめて食事だけでも旅をしましょう!
ということで今回は「万里長城」というお店で、中国の家庭料理を食べてきました。
一見麻婆豆腐のようなとろみのある餡と豆腐、そこに大振りのエビがゴロゴロ!人生初体験の《蝦仁豆腐》についてレポートしていきます!

この記事を書いたサラダボウラー

アイsanプロフ3.jpg
夏麦アイ
2児の女の子を育てるアラフォーママライターです。子育てと美味しいモノだけに全力を注いで生きています。晩酌ビールが一日の至福の時間。

万里長城はどんな店?

万里の長城01.jpg

お店の場所は早良区西新。長く連なる西新商店街、行列ができることで有名な「蜂楽饅頭」の数軒先にあります。

いくつかの飲食店が集まる雑居ビルの中にあるので、判りやすいように入り口に看板が出ています。

万里長城 入り口1.jpg

「万里長城」があるのは、ビルの2階。

薄暗い階段をドキドキしながら上れば、中国はもうすぐそこまで近づいています!

万里長城 入り口2.jpg

一瞬で中国へ行ける(どこでもドア)を発見。

いざ中へ!

万里長城 入り口3.jpg

店に入ると、中国人のお母さんが「イラッシャイマセ〜!」と元気に挨拶。

この日私が来店したのは正午ごろで、1人のお客さんが青島ビールを片手に飲茶セットをつまんでいました……やはりここは中国だ!

万里長城 店内.jpg

4人掛けテーブルが2卓、2人掛けテーブルが2卓のこじんまりとした店内。

万里長城 内装.jpg

いかにも、な内装ではないところが中国の一般家庭らしさを感じます。

激安かつ豊富なメニュー

さて、私の今回のお目当てはこちらです。

万里長城 メニュー.jpg

「蝦仁」はエビの中国語表記で、読み方は「シャーレン」。「蝦仁豆腐」は日本風に説明すると「エビと豆腐の炒め煮」となります。

定食メニューの一番上に記されているので、お店のイチオシかもしれません。

それにしても安い〜!蝦仁豆腐定食、680円です!

万里長城 メニュー2.jpg

単品メニューの一番最初に書いてある水餃子と焼餃子も、食べないわけにはいきません!……お腹、破裂するかもしれない。でも食べますっ!

そしてやっぱり、餃子も安い〜!10個で440円ですって。1個44円!(そりゃそうだ)

注文を終えて暫くすると、お母さんの息子とおぼしき男性が店に入ってきてテキパキと調理を手伝い始めました。

どうやら二人でお店を切り盛りしているようです。あぁ〜こんなラフな感じも、中国って感じがします!(勝手な妄想)

人気メニューの蝦仁豆腐と大ぶり餃子

万里長城 全体画像.jpg

「オ待タセシマシタ〜!」元気な声とともに料理が運ばれてきました。

なんとっ!すごいボリュームです!食べる前からもうわかる、絶対美味しいやつですよ!

早速、蝦仁豆腐からいただきます!

万里長城 エビ豆腐.jpg

トロッとした餡の全体に、大量の唐辛子が散りばめられてます!飾り切りされたニンジンが可愛らしい〜。

万里長城 大エビ.jpg

何と言ってもこのエビですよ!スプーンに乗せてこの大きさ、嬉しすぎます!食べてみると期待を裏切らない、プリップリのエビでした。

和食でこの大きさのエビを食べようとすれば、おそらく680円では難しいのではないでしょうか。

中国旅行してヨカッタ〜!!(一度も中国に行ったことがないという現実)

この蝦仁豆腐、口に運ぶとまず感じるのは鶏ガラ出汁の優しい味。そしてエビと挽肉の旨味がジュワッと広がります。

そして最後、喉を通るときに唐辛子の刺激が一気に押し寄せて来るので

「美味しい〜……。ん?あっ、辛いっ!」という感情が繰り返されます。

万里長城 オンザライス.jpg

旨辛味がループする蝦仁豆腐は、とにかくご飯に合うんです。皆さんどうか、オンザライスには気をつけて!餡とご飯がとろとろに絡まって、無限に口に運んでしまいます。

辛味レベルは激辛ではなく、ピリ辛です。市販の麻婆豆腐の素なら「中辛」くらい。

ただ、うちの娘たち(7歳&3歳)は蝦仁豆腐を口にすればきっと「辛っ!食べられないっ!」と叫ぶと思います。親子でシェアできるようになったら、それはお子さまが成長した証……。涙!

餃子は両方食べて欲しい!

万里長城 焼き餃子.jpg

羽根つき餃子って、見ただけで食欲がわいてきます。中国の餃子なら尚更。お腹いっぱい食べるぞ!という気になります。

どうやって食べようか迷っていると、お店の方から「餃子ニハ、ニンニク入ッテナイカラ ”ニンニク醤油” ヲツケテ食ベテクダサイ!」とアドバイスをいただきました。

ちなみに……私が中国旅行気分なので勝手に会話をカタカナで片言風に書いていますが、お母さんも息子さんもとても流暢に日本語を話します。

先客のおじ様に「北京語とか広東語がどのくらい違うかって、東北弁と沖縄弁くらいだよ」と説明をされていたくらい……あれっ、ここ中国じゃなかったの?えっ、西新!?

万里長城 ニンニク醤油.jpg

餃子をニンニク無しにしてつけダレで調整できるのは、接客業の人や女性など匂いを気にする人にとって嬉しい心遣いですよね。

私は女性ですし匂いも気になりますが、我慢できずにニンニク醤油を堪能させていただきました!

帰り道のマスクに篭った息は、できるだけ無視しました!

万里長城 焼き餃子2.jpg

焼餃子をパクリ!サクッとした歯ごたえとモチッとした食感。

んん〜!これぞまさに中国餃子です!

ニンニクマストの人は醤油をプラスすると良いですが、中のお肉の味がしっかりしていてそのままで充分に美味しいです!私は交互に食べて楽しみました。

餃子の肉ダネの材料は何かなぁと中身を調べていると、定番のニラなどの野菜の他に意外なものを発見しました。

万里長城 餃子断面.jpg

判りづらい画像で本当に申し訳ないのですが、卵が入っていたんです。塩胡椒の味が効いた、炒り卵!

中国餃子はこれが定番なのかな……?

普段食べる餃子より旨味が強いと感じました。

万里長城 水餃子.jpg

じゃーん!肉汁したたる水餃子です。

こちらはラー油をかけていただきます。

アツそうだけど、一口で食べないと勿体無い!ビクビクしながら頬張ります。

なんてジューシー!!口の中で旨味の塊がジュワジュワと溢れてきます。

「万里長城」の餃子の皮は、食感はモチモチですがさほど厚みがないのでどんどん食べられました。

女性2名で来店し「こんなに食べられるかな〜」とモジモジしながら焼餃子と水餃子の計18個を注文しましたが、ペロリと平らげてしまいました。よく食べる男性なら一人で完食できるかもしれません。

焼餃子と水餃子、どちらもオススメなので両方食べていただきたいです!

中国料理と合わせたい、珍しい中国酒

万里長城 飲み物.jpg

飲み物メニューには、珍しい中国酒がいくつかありました。

青島ビールは飲んだことがあるのですが、熟成の紹興酒や白酒など初めて目にしました。

万里長城 ザーサイ.jpg

今回は飲めませんでしたが、定食に付いてきたザーサイの酸味と辛味が何ともお酒に合いそうだったので、次回は必ず中国酒を飲んでみようと思います!(貪欲!)

毎日でも通えそうなアットホームな店

万里長城 福飾り.jpg

ボリュームたっぷりで驚くほど安い「万里長城」の定食は、毎日でも通いたいほどコスパの高いお店です。

ごちそうさまでした〜と店を出ようとする私たちに、お母さんが「アリガトウ〜マタキテネ!」と笑顔で言ってくださったのが印象的でした。(私の妄想では片言ですが流暢な日本語です!)

しかしながら、御飯は中国の家庭料理そのもの。中国グルメ旅をしたい方、ここに集いましょう!ぜひ一度ご賞味ください!

スポットSPOT

万里長城 入り口2.jpg
万里長城
福岡県福岡市早良区西新4丁目9−16−1
092-851-3851
営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休

コメントCOMMENT

この記事の感想を投稿
必須 この記事の評価
必須 ニックネーム
任意 メールアドレス
必須 コメント
HTMLタグは入力できません
コメントは承認後に公開されます
TOP