福岡市を中心に美味しいものや、おすすめスポットなどを楽しく発信する情報エンターメディア「サラダボウル福岡」
絶対のグルメ
2020.07.31

自家製ツナと大葉のバゲットサンド@山水水出珈琲【BEST OF 軽食!】

07_山水水出珈琲.jpg
皆さんは、「軽食」というとどんなご飯を思い浮かべますか?
私は「パンと卵と美味しいコーヒー」のセットが理想の軽食です。
このセットにこだわり長い間探し続けた結果、ついに最高の軽食を見つけました!
ワガママな小腹を満たし、さらに心の満足度は100%越えのおすすめの軽食メニューをご紹介します!

この記事を書いたサラダボウラー

アイsanプロフ3.jpg
夏麦アイ
2児の女の子を育てるアラフォーママライターです。子育てと美味しいモノだけに全力を注いで生きています。晩酌ビールが一日の至福の時間。

山水水出珈琲とは

山水水出珈琲外観1.jpg


お店は、中洲川端にあるリバレインの1階にあります。

博多座とリバレインの間を通る道沿いに面しているこの通りは、
ちょっとでも強い風が吹くと「嵐来たの!?」というくらいの風速を感じます。
短いスカートを履いている方は要注意です!

山水水出珈琲外観2.jpg


こちらはお店の入り口画像です。
外のテラス席のみ喫煙可能。

他に、ペット連れのお客様も多いようです。おしゃれ!

山水水出珈琲内観.jpg


朝一に張り切って取材に行ったので、一番乗りでした。

近年の状況を踏まえソーシャルディスタンスを意識した、ゆったりめの席がありがたいです。
山水水出珈琲では、注文と支払いを入り口のカウンターで済ませてから席に着きます。

人気メニュー・自家製ツナと大葉のバゲットサンド

ツナサンドレジ横メニュー.jpg


早速注文です。
今回は“自家製ツナ”をどうしても食べてみたかったので、「自家製ツナと大葉のバゲットサンド・珈琲とたまご付き730円(税込)」をオーダーしました!

コーヒーはホットとアイスを選ぶことができましたが、水出しコーヒーを存分に味わってみたかったのでアイスにしました!

席に着いて、ワクワクしながら待つこと7、8分。

ツナサンド全体画像.jpg


来ましたーっ私のツナサンド!
メニューの写真の通り、美しい!

いざ実食です。

明らかに市販のものではないと判るツナ。絶対美味しいだろうな。

食べたい!よし食べるぞ!!そう思ってバゲットに手を伸ばしかけましたが。

やはり、トロトロの半熟卵を無視することはできませんでした……。

半熟卵.jpg


別添えしてある塩を、お好みでふりかけながらいただきます。

んんー!なんてちょうど良いトロトロ加減!どんなときも半熟卵は裏切りませんね!

ねっとりまろやかな口の中で満たされたところで、やっとメインのツナサンドをいただきます。

ツナサンド大きさ比較画像.jpg

持ってみるとこんな感じです。
ちなみに私の手は男性と間違われるほど大きく、握力も男性並みの怪力女なので、参考にならなかったらすみません……。

一口食べたとたん、言葉を発しそうになりました。

「ツナっていうか鮪の塩焼きやん。」

もうこれは完全にお酒のつまみになる、美味しいマグロです。

よくあるツナサラダのようなマヨネーズ感はなく、辛味に胡椒が効いていてピリッと大人の味です。

ただ、このツナの魚魚しい感じ(肉肉しい感じ、のような表現)と胡椒の強い個性を、大葉が優しーく包み込んでいてバランス良く仕上げています。

私も、この大葉ほどの包容力が欲しい……。

そしてツナを挟んでいるバゲットも侮れません。ソフト系のフランスパンをトーストしているのですが、びっくりするくらい「外カリッ!中フワッ!」としています。

そしてさらに驚くのが、冷めてもなおカリフワ感がまったく衰えませんでした。

パンって時間が経つとガチゴチに硬くなるときありませんか?
カフェで過ごす上で、時間をかけていただきたいという方にとってはとても嬉しいですよね。

一口サイズがありがたいかぼちゃサンド

カボチャサンド大きさ比較画像.jpg


そしてツナサンドの横にそーっと座っていたこのかぼちゃサンド。
実は、以前はツナサンドだけで提供していたのだそうです。

「女性のお客様に、食事の最後にちょっとだけ甘いものを食べることで幸せな気分を味わってもらいたい」

という店長さんの心遣いで加えたのが始まりだそうです。

店長!女心を解っていらっしゃる!

しかし図らずも店長の優しさは女性客より男性客に響いたようで、このセットをオーダーするのは男性の方が多いそうです。

それもそのはず、このかぼちゃの餡がとても大人な味なのです!
シナモンやジンジャーなどエスニック料理を思わせるようなスパイシーな味付けが、食べ応えと満足感を与えてくれています。

「仕事の合間や休憩中にお腹いっぱいになリ過ぎず、だけどちゃんと美味しいものを食べたい」という、
“量より質”志向のビジネスマンに人気が出ているのかもしれません。

コーヒーの味はビターとオリジナルの2種!

水出アイスコーヒー.jpg


アイスコーヒーは、〈ビター〉と〈オリジナル〉の2種類から選ぶことができます。

キンキンに冷えたグラスにクラッシュアイスとコーヒーが注がれていてとても美味しそうです。

水出し珈琲の仕組み.jpg


店内で8時間以上をかけて、一滴ずつ抽出しているコーヒー。
一切加熱をしていない水出しスタイルは、まろやかさと雑味のなさが特徴です。

抽出したコーヒーの良さをしっかり味わえるのが〈ビター〉であり、それを若杉山の柔らかな天然水で割ったものが〈オリジナル〉です。

今回私は、オリジナルをオーダーしました。

口に含んだ時にまず感じるのは、とてもスッキリしているということ。
そして二番目に感じるのがとても濃い!ということ。

スッキリしたコーヒーって飲みやすいけれど薄く感じそうなのに、しっかり濃さを味わうことができるのが凄い!

実際、口コミサイトでもとても高い評価を得ているお店です。さすがですね!

水出し珈琲販売用.jpg


「自宅でも簡単に、水出し珈琲を美味しく召し上がっていただきたい」という店長の心意気で、販売用のコーヒーも店頭で購入可能です。

店内でいただけるコーヒーと販売用の豆、全て店長が生豆から焙煎しています。

まとめ

「軽食」という2文字に、たくさんのこだわりと優しさを詰め込んでいるメニューでした。

今回ご紹介した〈自家製ツナと大葉のバゲットサンド〉は、営業時間内でいつでも食べることができるので、朝食から遅めのランチまで様々なシチュエーションで利用できます。

ぜひお試しください!

スポットSPOT

山水水出珈琲外観2.jpg
山水水出珈琲
福岡市下川端町3−1リバレイン1階
092-282-0101
営業時間 9:00〜17:00 (営業時間は変わることがあります)
定休日 不定休

コメントCOMMENT

この記事の感想を投稿
必須 この記事の評価
必須 ニックネーム
任意 メールアドレス
必須 コメント
HTMLタグは入力できません
コメントは承認後に公開されます
TOP