福岡市を中心に美味しいものや、おすすめスポットなどを楽しく発信する情報エンターメディア「サラダボウル福岡」
ならではの観光
2020.10.16

【福岡の博多・中州でおすすめのホテル】 The OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブ ヴィラ 福岡)

ならではの観光05_2.jpg
今回私が1人で開催している" 県内でちょっといいところに泊まろうキャンペーン "で宿泊した、福岡の中洲にそびえ立つ
『The OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブ ヴィラ福岡)』が、
凄くすごくスンゴク!!良かったのでご紹介したいと思います。
えもん

#The OneFive Villa Fukuokaに泊まろうと思ったのはずばり、旅行がしたいから!

1_TOP.jpg

世間はコロナ禍という状況の中、GoToキャンペーンが始まったからと言って
良し遠出しよう!!と決断できず、

「遠出したら周りにどんなふうに思われるんだろう…🙄💭」

「実際遠出するのも、気が引けるしな…🙄💭」

と悶々とずっと思っていました。
そんな時に閃いたのです!

『遠出できない分、県内の良いホテルに泊まって美味しいもの食べたら旅行気分味わえていいんじゃん!!!』と。

思い立ったら即実行!をテーマに生きている私はそのままの勢いで友達を誘い、
旅行サイトでホテルを探し、The OneFive Villa Fukuokaの一室を予約しました!

#The OneFive Villa Fukuokaのご紹介

3_入口.jpg

The OneFive Villa Fukuokaとは福岡市中央区春吉にあるホテルで、
目の前には中洲の大きな川がありその川を越えて向こう側にはキャナルシティ博多が見えます。

4_テラスからの景色.jpg
5_キャナルからの景色.jpg
※キャナル側から見た景色(黒い看板が掲げてあるのがホテル)

目の前には川が広がり、夜はテラスから観光客に人気の中洲の屋台の全貌が見えますし、
ここのホテルであれば夜遅くまで中洲で遊んで飲み明かしても、
すぐにお部屋に帰ることが出来て良いですね~。

また、キャナルシティも歩いてすぐなので、沢山買い物をした帰りにホテルで一休憩してまたお買い物に出かけることが出来ます。

天神も徒歩圏内で、10分~15分程歩けば目の前は福岡の中心地、天神の景色が広がります!

なんともアクセスの良いホテルで、すごく人気なんです。

#お部屋の中も洒落ッ洒落ッ、おッ洒落ッ―――――――!!!

6_部屋番号案内.jpg

部屋番号の案内から洒落とんしゃ―なところとかもう、一目見てわかる
『お部屋もおしゃれなやつやん!!』

部屋に一歩入るとレースカーテンから透けて見えるテラス。
ベッドの横にあるソファもふかっとしていて、高級感があります。

7_室内.jpg

カーテンを開けるとそこにはやはりテラスがどどんと現れます。

8_テラス.jpg

写真の撮り方が下手で少し狭くみえるかもしれませんが、実際は広々としたテラスで、

2人で(割と激しめに)踊れるくらいの広さがありました!

お昼に見る景色ももちろん良いですが、夜景はもっときれいでした。

屋台のあかりやキャナルシティの煌びやかさ、人々の笑い声や楽しい声が響く心地いい空間を肴に、

友達と2人で盃を交わしていました。サイッコーに美味しかったです。

9_テラスからの夜景.jpg

さらに、お部屋の洗面所は私が将来家を建てたときに採用したいと思った白ベースの造りになっており、

シンプルなお洒落さが際立っていました。

10_洗面所.jpg

お風呂もバストイレ別の、バスタブがあるタイプだったので、

のんびりゆっくり足を伸ばして湯舟につかることが出来ました。疲れも取れるしサイッコーですね。

11_お風呂.jpg

#The OneFive Villa Fukuoka最大の楽しみはウェルカムスイーツやセイボリー.*

12_ウェルカムスイーツ.jpg

今回の記事は、このウェルカムスイーツを紹介したくて書いたと言っても過言ではありません!

The OneFive Villa Fukuokaでのウェルカムスイーツは、3段のアフタヌーンティーのような形で提供され、

見て楽しい食べて美味しいティータイムが過ごせます。ちなみに宿泊代に込みなので追加料金はかかりません。

このウェルカムスイーツに合わせてドリンクも運ばれてきます。
私たちの時は、ブドウ(巨峰?)のジュースでした🍇
まるまる1つブドウが入っており、最後にごろっと食べるのが醍醐味ですね!

ちなみに、紅茶もティーパックで選べるんです!なんと、おもてなし三昧…!

13_ジュース.jpg

このウェルカムスイーツですが、提供時間が15:00~22:00までと決まっており、チェックインのタイミングで時間の指定が出来ます。

こちらのウェルカムスイーツは支配人兼パティシエである山本大輔さんが、

九州ならではのご当地感や季節感をお楽しみいただけるように、と作られているそうです。

またThe OneFive Villa Fukuokaではこのウェルカムスイーツを頂く時間を『Villax Time』と呼んでおり、

別邸・別荘を意味する『Villa』とくつろぎを意味する『Relax』を織り交ぜ、

『優雅で快適な時間をお過ごし頂きたい』という想いが込められているそうです。

14_Villax-time.jpg

それでは、さっそくこちらのウェルカムスイーツを頂いていこうと思います。

が、もちろん、アフタヌーンティー形式ですので、きちんとルールに乗っ取って頂いていこうと思います。

#まずは最下段のセイボリーから

15_1段目.jpg

セイボリーとは塩味の食べ物のことで、要はおかずのようなものを指します。

普段のお食事でも、ご飯を食べた後にスイーツを食べますよね、それと同じです多分。

1つ1つご紹介していきたいのですが、なんのこれしき、すんごい文量になりそうなので、今回はざっくりと1段ずつご紹介していきます。

すべてが"丁度いい味付け"で、濃くも薄くもない、本当に丁度いい味付けでした。

特に好きだったのは、おしゃれなスプーンに乗っているお肉です(正式名所は分かりませんごめんなさい)

お肉が柔らかく、ほろっと解けていく食感がすごく美味しかったです。

#2段目は秋の味覚が楽しめるフルーツやクッキーなど

16_2段目.jpg
17_ぷりんっ.jpg

木の葉に載せられた、サツマイモのクッキーが色鮮やかです。

黒い陶器の容器には、プリンが入っており、硬すぎないトロッとした食感のプリンで美味しかったです。

このなかで一番好きだったのは、いわずもがなサツマイモのクッキーです。

なんせ私、芋っ子でお芋が大好きなんです。

#3段目は目でも楽しめる秋が表現されたスイーツ

18_3段目.jpg

紅葉がお皿の上に飾ってあり、中央にはテントウムシをモチーフにしたチョコレートやアーモンドでどんぐりが作られていたり、

青リンゴをモチーフにしたスイーツがあったりと見た目だけでも、秋だなあ…🍁!楽しむことが出来ました。

この中で一番好きだったのは、一番手前と遠くにあるクッキーの上に栗を見立たてたチョコと栗クリームが乗っているスイーツです。

クッキーのサクッと感とクリームとチョコの食感が合わさってすごく美味しかったです。

こんなに本格的なアフタヌーンティーの様なウェルカムスイーツを頂いたのは初めてだったので、

凄く嬉しくて幸せな気持ちになりました。

ウェルカムスイーツは抹茶やイチゴがメインだったりと、季節ごとに変わるのでいつ行っても楽しめそうですね。

#今ならGoToキャンペーンで行ける!

19_外観.jpg

ホテルは連休や土日、平日などで宿泊費が変わりますが、

今回私たちが行ったときは普通の価格なら4~5万程するところを、3万きるぐらいの価格で宿泊することが出来、もちろん今回だけでなく、また是非とも宿泊したいと思えるホテルでした。

普段なら手が出しづらい価格のホテルでも、GoToキャンペーンを使用すれば、

ちょっと(価格の)良いホテル!として泊まることが出来るのでおすすめです!

コメントCOMMENT

この記事の感想を投稿
必須 この記事の評価
必須 ニックネーム
任意 メールアドレス
必須 コメント
HTMLタグは入力できません
コメントは承認後に公開されます

スポットSPOT

The OneFive Villa Fukuoka
福岡県福岡市中央区春吉3-4-6
0570-005-015
営業時間 24h
TOP